HOME >個人情報保護方針

【1】いじめの定義といじめに対する本校の基本認識
いじめ防止対策推進法では、いじめを、「児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している 等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為であって、 当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているもの」とされている。その理解の上で次のように認識する。
 @いじめは、どの学年・どのクラスでも起こりうるものである。
 Aいじめは、どの生徒に対しても起こりうるものである。
 Bいじめは、いじめられる側にも問題があるという見方は間違っている。
 Cいじめは、人権権侵害であり、人として決して許される?為ではない。被害者の人権を守る意味で、
  未然に防がなくてはならない。
 Dいじめはその行為の態様により暴行、恐喝、強要等の刑罰法規に抵触するもので、生徒に犯罪を起こ
  させないという意味でも、未然に防がなくてはならない。

【2】いじめ防止のための基本姿勢
 @ いじめを許さない、見過ごさない雰囲気づくりに努める。
 ◆定期的に、いじめに関するアンケートや意識調査を実施する、
 ◆生徒の変化を見逃さず、声をかけるなどの取り組みを行うなど。
 A 日頃から生徒の自己肯定感をはぐくみ、他人との個性の違いを寛容に受けいれる態度を育成する。
 ◆生徒が教科学習に対する達成感・上達した実感できる、分かりやすい授業を心がけ、自尊感情を育むこ
  とができるように努める。
 ◆クラブ活動、生徒会活動、学校行事、総合的な学習の時間を通して、自らが参加し、クラスメイト、先輩・
  後輩と協力して物事を解決していく喜びと、コミュニケーション能力を育てる。

【3】いじめの早期発見・早期解決に向けての取組
いじめは遊びやふざけあいを装って行われるなど、大人が気づきにくく、判断しにくい形で発現する。ネット上 で行われるいじめの場合は、さらに発見が難しい。ささいな兆候でも、いじめではないかと疑いを持ち、いじめを 隠したり軽視したりすることなく、いじめを積極的に認知する。
 @全ての教員が生徒の日常的な観察を行うことにより、生徒の小さな変化を見逃さない鋭い感覚を身に付ける。
 A生徒のようすに変化を感じた場合には、教科担当者など、他の教職員と気付いたことを共有し、より大勢の
  目で当該生徒を見守る。
 B生徒が相談や報告をしやすい環境を作るために、一人ひとりの教員が、生徒との信頼関係を作ることを心がける。

【4】いじめ、あるいはいじめと疑われる事象を発見したとき
 @個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた生徒の立場に
  立って行うものとする。
 A情報収集を綿密に行い、事実確認をした上で、いじめられている生徒の身の安全を最優先に考え、いじめている
  側の生徒に対しては毅然とした態度で指導にあたる。
 Bいじめ問題を発見したときには、学級担任だけで抱え込むことなく、全ての教員が対応を協議し、的確な役割分担
  をしていじめ問題の解決にあたる。
 C傍観者の立場にいる生徒たちにもいじめているのと同様であるということを指導する。
 D事実を隠ぺいすることなく、必要に応じて家庭や地域、関係機関と連携して解決にあたる。
 Eいじめられている生徒の心の傷を癒すために、スクールカウンセラーや養護教諭と連携を取りながら、
  指導を行っていく。

【5】いじめ問題に取り組むための校内組織
 @いじめ防止対策委員会
 いじめ防止に関する措置を実効的に行うため、いじめ防止対策委員会(校務運営会議が兼務)を設置する。
 いじめ防止対策委員会では、生徒へのアンケートや意識調査、教職員の研修などを企画するとともに、
 生徒の状況を把握し、情報を共有する。
 A生徒指導委員会
 問題行動を起こした生徒、問題傾向を有する生徒について、現状や指導についての情報の交換、及び指導方針に
 ついての話し合いを行う。
 Bいじめ、体罰、セクシャルハラスメント相談窓口
 教頭、養護教諭、スクールカウンセラーで構成する。

【6】重大事態への対処
 いじめ防止対策推進法の第二八条に示されるような重大な事態が発生した場合、速やかに理事会に報告し、必要
 と認められる場合には第三一条に従って、県知事に報告する。
 また、第二十三条にあるように、いじめが犯罪行為として取り扱われるべきものであると認められ、生徒の生命、
 身体又は財産に重大な被害が生じるおそれがあるときは警察署に通報し援助を求める。


Copyright ©2009 by Kure Aoyama Junior & Senior High School All rights reserved.